23、峨眉山月歌 【李白】

峨眉山月半輪秋
影入平羌江水流
夜発清渓向山峡
思君不見下渝州

詩の解説

半輪の月が、峨眉山の上にでて、影がその下に流れる平羌江に浮かんで流れる。清渓から船出して三峡に向かって行くと両岸の山が高く迫り、宵に見えた月もやがて見えなくなってしまった。今一度君(月のこと)を見たいと思ったけれど見ること叶わず、空しく渝州をくだるは残念。

前の記事

24、早発白帝城 【李白】
夜半鐘聲到客船

次の記事

22、楓橋夜泊 【張継】